HOME 金属アレルギーで 困っている

アレルギーフリー素材

浜松市で金属アレルギーの方へ。生涯お使いになる婚約指輪〈エンゲージリング〉結婚指輪〈マリッジリング〉をお着けになる際に気になっていませんか?以前、身に着けられていたジュエリーでかゆみやかぶれ、赤く腫れてしまった経験のある方は実際に増えているように感じます。FIRST DIAMOND浜松〈ファーストダイヤモンド浜松〉ではお素材の配合まで変更してお作り出来ますので、アレルギーの発症する金属を使用せず指輪をお作りすることができます。

そもそもアレルギーとは?

一般的なアレルギーの定義

一般的な「アレルギー」の定義とは〈抗原抗体反応〉と呼ばれ免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることを言います。(※人体には異物が侵入してきたときにそれを排除しようとする働きがあります。この異物の侵入に対して抗体を作って排除しようとするその動きのこと。)そしてアレルギーを引き起こす原因物質をアレルゲンと言います。アレルギーはタンパク質に対し起こるもので、例えばスギ花粉症の場合、スギ花粉症を引き起こす抗原性物質の事をスギ花粉症のアレルゲンと言います。

金属アレルギーとは?

「接触性皮膚炎」は、「刺激性皮膚炎」と「アレルギー性皮膚炎」に分類されますが、金属アレルギーとは「アレルギー性皮膚炎」です。接触した部分に紅斑(こうはん、赤いぶつぶつ)や皮膚の盛り上がり、あるいは水疱をを生じる疾患で、激しいかゆみや痛みをともなう場合があります。そしてアレルギーの分類としては、「Ⅳ型・遅延型」に分類されます。アレルギーはタンパク質に対し起こるものなので、金属が直接にアレルギーを起こすわけではありません。つまり、金属はアレルゲンではないのです。金属から溶出した金属イオンが、人体が本来持つタンパク質(ケラチン等が有名)と結合し、アレルゲンとなるタンパク質に変質します。それがアレルゲンとなるのです。

金属の中で気を付ける3大原因金属

金属アレルギーの【3大原因金属】と言われているのが「ニッケル」、「コバルト」、「クロム」です。中でもニッケルに反応している人が多く、ニッケルは安価で金属製品に対して美しいつやや輝きを出したり、扱い易い事もあり装飾品などに多く使用されております。金属アレルギーと思っている方は、この〈ニッケル〉を使用した装飾品で反応している方が多いのです。これは、ニッケルに触れる機会が多い事と、ニッケル自体がイオン化傾向の低い金属であるからだと推測できます。

金属製品選び

普段から金属アレルギーを発症しやすい金属を身に付けない事を心がけましょう。イオン化しにくい金属製品を選ぶ他、例えば口腔環境を整え虫歯にならないような生活をする事が大切です。婚約指輪〈エンゲージリング〉や結婚指輪〈マリッジリング〉で使用されるような金やプラチナではほとんどの方がアレルギー反応は出ません。(※個人差がありますので心配な方はパッチテストをされ、アレルギー反応のある金属をお調べくださいませ。)実際に金属アレルギーがある方も、アレルギー反応が出てしまう金属を使用せず指輪をお作りすることが出来ますのでご安心下さいませ。

- Present -
来店予約特典

浜松市で金属アレルギーが心配な方はFIRST DIAMOND浜松〈ファーストダイヤモンド浜松〉へ

金やプラチナで金属アレルギーが出てしまう方もご安心くださいませ。どんな物質がアレルギー反応があるのかお分かりでしたら、オーダーメイドが可能なFIRST DIAMOND浜松〈ファーストダイヤモンド浜松〉へお任せ下さいませ。安心してお使いいただける指輪をお作り致します。

/