ファーストダイヤモンドは、オーダーメイドによる世界に一つだけの結婚指輪や婚約指輪をご提案いたします。ハワイアンジュエリーも豊富に取り揃えております。

54
来店予約(代表窓口 浜松店) 053-413-1111

OPEN 10:30 ~ 19:00 水曜定休 ※祝日は営業

金属アレルギーなんですが、どんな指輪がいいですか?【ご相談事例】

2017.05.28

自分は金属アレルギーなんじゃないかと不安を抱きながら指輪選びをしていたSさん「私は金属アレルギーかもしれないんですがどんな指輪がお薦めですか?」とのご相談いただきました。

皮膚科でのパッチテストはなさったことが無く反応する金属はわからない様子でしたのでまずはパッチテストを勧めしました。でも本格的に病院に行く前に本日はゴールドとプラチナのリングを着けていただいたままで指輪のデザインの打合せをしました。その時間内でも反応があるかもしれません。一般的にはシルバーよりゴールド、ゴールドよりプラチナがアレルギーは出にくいとされていますが、プラチナに反応してゴールドは大丈夫という方もいらっしゃいます。

またチタンやジルコニウムのような生体親和性の高さからアレルギーが起こりにくい素材の結婚指輪もありますのでお客様に最適のリングをご提案いたします。

金属アレルギーとは?


アクセサリーなどの「金属」が汗などに溶け出し、体内に入りタンパク質と結合し【アレルゲン】になります。身体がアレルゲンをいったん異物と認識すると、免疫を作り守ろうとします。この免疫が過剰に働き、皮膚の炎症などを引き起こすのが接触皮膚炎(金属アレルギー)です。

 

 

金属アレルギーの原因金属


金属と体内のタンパク質が結合した物質【アレルゲン】 が原因ですので「金属アレルギーを引き起こしやすい金属」=「溶け出しやすい金属」ということです。現在はニッケル・コバルト ・クロムがほとんどの場合、金属アレルギーの原因です。

 

 安全な金属は?


「金属アレルギーを引き起こしにくい金属」=「溶け出しにくい金属」ですのでチタン、プラチナ・金、銀、銅・亜鉛・マンガンと続きます。宝飾品の金は純金(24K)で使用されることは少なく、強度を増すために18K(75%が金)を使用します。18Kには銀、銅、パラジウム等が使用されていて、アレルギーを起こすことがありますので自分がどの金属にアレルギーがあるか調べるとよいでしょう。

 金属アレルギ―原因検査(パッチテスト)


心配な方はアレルギー原因検査(パッチテスト)をしてもらうといいでしょう。 皮膚科のある比較的大きな病院で、検査してもらうことが出来ます。  パッチテスト用のシートに原因物質を染み込ませ、それを腕や背中に貼ります。数日後にシートをはがし判定します。費用は初診料などは別として、検査費用のみで3000円から4000円位だそうです。

 

 ファーストダイヤモンドでは


当店のゴールドは主たる原因金属のニッケルを使用しておりません。純プラチナ(Pt1000)を使用してのリング製作も可能ですのでご相談ください。

 

アレルギーフリー新素材 ‘‘ジルコニウム‘‘


ジルコニウムとは、金属アレルギーを起こさないことで知られるレアメタルのひとつ。生体親和性の高さからアレルギーが起こりにくい素材として人工関節や歯科インプラントなどで使用されています。一見、白銀の輝くを持つジルコニウムですが、実は光を虹色のように反射する性質があります。指輪をずっと着用していて不安になる変色、硬度などの面に対してもとても強く、プラチナ・金よりも硬い素材なのです!そのため、必然的にリングに形成する上での高い技術が必要となることから限られた専門店でしか取り扱いできません。

 

上記「ジルコニウムリング」はSORAの商品です。

【浜松市】SORA取扱い店

 ブライダルリング専門店【ETERNAL浜松】

全てのカテゴリー